電子定款の仕組みと作成に必要なもの

電子定款は、会社設立の手続きの一つとして定着しています。

定款とは何かというと、会社を経営したり運営していくときに会社ごとに定めた基本的な規則のことを指し、会社設立をする際においては必須の書類であるためきちんとつくらなければなりません。電子定款は、コンピューターに記録されデジタル化された定款のことです。従来はこうした定款は紙で提出するのが主流だったのですが、IT技術の発達によりこうした形式のものも認められるようになりました。近年ではPDF化することでデータで定款を提出することも可能となっています。

電子定款を行うメリットとしては、手間がかからないことや社員などで共有しやすいことなども挙げられます。電子定款をつくるときに必要なものとしては、まずはマイナンバーカードとなります。以前においては住民基本台帳カードを必要としました。ただ現在はマイナンバー制度が開始されたことによって住民基本台帳カードが廃止され現在の手続きでマイナンバーカードを利用して登録する必要があることを覚えておきます。

さらには電子証明書を使えるようにしたり、ICカードリーダライタを必要とします。定款の作成は「会社設立freee」と呼ばれるアプリを使うことで、大幅に作業時間の短縮につながりますのでそこまで難しくありません。ただ、電子定款を利用するときの注意点として認証申請を一度してしまうと、訂正や再申請に手間がかかるためそこは注意が必要です。定款をつくった時点で、一度公証役場及び法務局に確認しておくとスムーズにいきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *