電子定款は今では企業の常識

これまでは定款は紙で作るものというのが常識でしたが、今では電子定款が企業の常識となっていると考えていいでしょう。

何しろ電子定款と紙の定款では利便性が格段に違います。まず紙の定款では修正などがやりにくいという欠点があり、これをするだけでもかなりの作業を必要とするという事があります。というのは、電子定款であれば、変更点は検索であっという間に見つかり、検索漏れは基本的にはありません。元データが入力ミスをしていない限りにおいては、変更点は一瞬で変更することが出来るので、修正ミスもないと考えていいでしょう。

ですが、紙の場合は全てにおいても櫛でのチェックとなるので、修正点を探すときも目視、チェックも目視、修正も手書き修正となるので、これではどこかでミスをしてもおかしくないという事になるでしょう。電子定款なら一秒で終わる事が何時間、何十時間とかかることがあるという事になります。企業というのは効率的に仕事をすることが求められますから、不要な事にかかっている時間はありません。

ですから不具合のある紙の定款をいつまでも使うような事をしていては、到底他のビジネスにおいて、勝ちを得るという事は出来ないと考えても良いでしょう。たかが定款というかもしれませんが、そんなものすら電子データに出来ていないようでは、これからのデジタル社会で生き残っていく事は難しいと言わざる得ません。利便性の良いものはどんどんと使うようにするのはビジネスの基本とも言えることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *