電子定款を使うと印紙代がいらない

電子定款は、PDFで作成する定款です。

会社の設立をするためには定款を作成した上で認証を受ける必要があります。認証手数料は5万円ですが、紙の定款の場合はさらに印紙代4万円がかかります。電子定款には必要ないため、活用すれば設立コストを4万円節約することが可能となるわけです。ただし、PDFを作成するためにソフトは高く、電子署名を作成するための電子証明書を入れるためのカードリーダーも別途そろえなければなりません。

それらを足すと軽く4万円に達するので、すでに持っている人は節約になりますが、そうではないケースでは、結局神の手いかんとほとんどコスト的には変わらないこととなります。代行業者を使えば、電子定款を作るために必要なものを持っていなくても安くできます。それは、代行業者は電子定款を作成するための機器を持っていて、手数料も安く請け負っているため、差額分が浮くからです。

したがって、自分でもておらずコストを抑えたい方は、代行業者を利用すると良いでしょう。電子手間の作成自体はたいして難しくはありません。半日程度あれば可能です。開設しているサイトも存在していますから、それらを参考にすれば何ら難しくはないです。ひな形はWord等の文章作成ソフトで作ってそれをPDF化して電子署名を入れ、電子認証手続きをするという流れになります。ICカードリーダーにはマイナンバーカードを入れる必要があるため、用意しておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *