会社設立にお得で簡単な電子定款

新たに会社を設立する際には定款を作成しなければなりません。

定款は、会社運営の基本的な規則を定めたものです。商号や事業の目的、本店所在地、発起人の住所氏名、発行株式の総数など会社の基本的事項を規定するものです。これまでは、書面で定款を作成し、公証人役場で認証を受けるという手続きが必要でした。現在は、書面ではなく電子定款での作成ができます。パソコンとインターネットの普及により、2004年3月より書面の定款だけではなく、PDF化された電子媒体による定款の作成が可能となりました。

電子定款を作成して公証人役場にインターネットで送信し、その後、公証人役場に出向いて認証を受けた定款を受け取って手続きは完了します。電子定款のメリットとしては、印紙代の4万円が不要になることです。文書ではなく電子媒体のため、印紙税がかかりません。設立したばかりの企業にとっては、4万円の節約は大きなメリットです。

ただし、電子定款の作成は行政書士や司法書士に依頼する必要があります。自分でも作成は可能ですが、そのためのソフトを購入すると6~7万円ほどの費用がかかります。行政書士や司法書士に依頼すると費用は掛かりますが、ソフトの購入費用よりも少なくて済みます。業務上システムを導入している事務所も多く、電子証明書の発行費用の負担もありません。そのため、印紙代4万円の節約効果も生きますので、自分で会社設立の手続きをするよりも安くできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *