電子定款のメリットとデメリットを知って利用する

電子定款のメリットは紙で認証手続きを行うときに必要になる4万円の印紙代を浮かせられることです。

その一方で、自分で作成から認証までの全ての手続きを行う場合にはデメリットも多くあります。専門家に頼めば回避できるものなので、電子定款を利用するときは自分で行うか依頼するかの判断が必要です。電子定款は作成するためのソフトや機器を揃える費用がかかり過ぎてしまうことがデメリットであり、印紙代と同じかそれ以上になることもあります。

ワードなどで作成した文書ファイルをPDFにしますが、この形式であれば良いわけではなく、住基カードのICチップに保管されている電子証明書を署名にして埋め込んだものを使います。PDFに変換するソフトは無料のものもありますが、署名の挿入ができないため、3万5千円のソフトが必要です。住基カードの交付に500円、電子証明書の発行にも500円かかり、これを読み取るためのICカードリーダライタが2~6千円です。

認証されてしまうと、内容を訂正する手間がかかるので、事前に公証役場に連絡して確認してもらう、オンラインでは完結せず、認証された電子定款を受け取りに行く必要もあります。これらの出費や手間を考えると節約できる4万円には釣り合わないデメリットが多いです。専門家では定款まで作成すれば、PDFへの変換以降の作業の代行を4万円未満で行っているところが多いので、メリットを活かすには自分で全て行わない方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *