電子定款の作成に関して

パソコンやインターネットが普及する前までは定款の作成は紙の書類でしたが、現在では電子定款としてデータとして作成し残すことができるようになってきました。

これにより数多くのメリットが存在し、それらのなかで最大のものが、パソコンやタブレットさえあれば、いつでもどこでもデータを閲覧したり新たに作成することができるということです。また紙の書類と併用することにより、万が一、データとしての電子定款が消えてしまった場合でも、すぐさまスキャンして復旧することもできるのです。現在の日本で広まりつつある電子定款の作成には、当然ですがパソコンやタブレットが必要になってきます。

しかし記入する媒体こそ違うものの、記入する内容そのものは紙の書類とほとんど同じです。事業目的や商号などといった絶対に記載しなければいけない内容や、公告の方法などの自由記載の項目の他に、電子署名と呼ばれるデータ化された代表者のサインと印鑑を記載する必要があります。紙の書類の作成とは違って、電子定款にはいくつか必要なものがあります。

またパソコンやタブレットなどに直接記入する以外にも、紙の書類に記入したものを、スキャンしてデータとする方法も存在します。電子定款の作成時に必要なものとしては、記入する人物のマイナンバーカード、各種の電子証明書、そしてマイナンバーカードを読み込むためのICカードリーダーライターです。また現在では専門の会社に依頼することによって、簡単に作成することもできるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *