電子定款は本当に得なのか

紙の定款と比べて4万円の印紙代が不要になるので得と言われている電子定款ですが、必要な機器を持っていない場合には損することもあるので、利用する前に十分な検討が必要です。

まず、最低限揃えなければならないものに、署名挿入機能のあるPDF変換ソフトで約3万5千円、ICカードリーダライタに2千から6千円、住基カードと電子証明書に各500円です。PDF変換ソフトを持っていれば自分で作成に挑戦しても良いですが、そうでなければ得にはなりません。電子定款の認証を受ける手順では、最初にワードなどのソフトで定款を作成します。これに誤りがあると後から修正するのが困難であるため、公証役場に連絡して内容を確認してもらうと良いです。

その後の手続きも説明を受けておきましょう。問題がなければファイルをPDFに変換しますが、電子署名を取得する必要があるため、市区町村で住基カードと電子証明書の交付を受けます。その後、ICカードリーダライタで住基カードから証明書を読み取り、法務省のサイトからプラグインをダウンロードしてPDFファイルに埋め込んで電子定款の作成は完了です。

作成しただけでは手続きは終わらず、認証してもらう必要があります。法務省のオンラインシステムに登録してソフトをダウンロードし、そのソフトを使って電子定款を送信します。認証された後は公証役場までデータを受け取りに行くので、手間が多いです。専門家に依頼すると、ワードで定款を作成した後の手続きを代行してくれるので、これを利用した方が簡単です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *