電子定款では事前準備が欠かせません

電子定款による作成は事前の準備が欠かせません。

特に個人情報の認証で使用するカードリーダは必須のものです。このカードリーダは町によくある家電量販店などで購入できますが、それ以外にも役所での事前の手続きを行うなどの作業が必要です。したがって個人で対応をするにはハードルが高いと言えます。士業の専門家である行政書士などは定款の作成代行を手がけたりする人がいます。

こうした人は電子定款で対応をしている人も増えていて、印紙税の節税などをアピールポイントにしていることもありますので、依頼するときには考慮の余地があります。無論、このことにこだわらずにむしろ確実に作成をしてくれるところであるということが一番であることはいうまでもないことです。そもそも定款それ自体を作成することがほとんどないわけで、専門家の助言が欠かせない訳ですからそれであるなら最初から電子定款の対応が可能でベテランの行政書士に任せてしまう方が楽という考え方も出来ます。

またその後の法人登記を司法書士に依頼するわけですが、その連携がしっかりととれる人に任せることも視野に入れておくとよりスムーズな申請が可能となります。事前準備や購入するものなどを考えた上でそれでもすべてを自ら行いたいという人も中にはいます。カードリーダの購入は電子定款関係以外でも使用する場面がありますので、そうしたことを考慮して購入するのはあり得ます。元々保有するなどしている場合にも有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *