電子定款とは何か知りたい

会社を設立する際に必要になるのが定款です。

定款とは会社を運営するにあたって、基本的な規則を定めて記載したもののことをいいます。会社の憲法と呼ばれることもあり、商号(会社名)・事業内容・本店所在地・発起人の氏名及び住所・発行株式数総数といった項目を規定しておくことが求められます。会社の運営には欠かせないもので、定款がないと会社を設立することができません。定款は以前、書面で作成して公証役場などで認証してもらう必要がありました。

しかし、現在では電子媒体で作成することができ、インターネット上で送信することで認証の手続きができるようになっています。電子媒体で作成されたものは、電子定款と呼ばれています。書面ではなく電子定款にするメリットは、公証役場まで出向く回数が減るということがあります。公証役場に行って認証された定款を受け取る必要はありますが、手続き自体はインターネット上で行うことができます。公証役場に出向かなくてもいいので、時間と手間を省けるというメリットがあります。

また、電子定款の場合には、40、000円分の印紙代を節約することもできます。書面の場合には印紙税の課税対象となるので、印紙代が40、000円かかります。しかし電子定款の場合には電子媒体として扱われるため、印紙税は非課税となります。そのため書面で作成した場合よりも、40、000円分節約することができます。ただ、自分で手続きをするのは難しい面もあるので、そういった際には代行業者に依頼する方が良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *