電子定款と紙の定款の比較について

あなたのお仕事が軌道にのった、ビジネスとして成立しそうという理由は様々ですが、会社を作ろうという思い立ったらまず行うのは定款の作成となります。

定款には紙で作成する方法と電子定款という二つのやり方があります。作成の際の両方のメリットデメリットをまとめました。紙の定款作成のメリットについては、定款の記載漏れ等のミスがあった場合の訂正が行いやすいというものがあります。電子定款の場合は一度全てを作り直す必要がありますが、紙の定款では訂正印を押す修正で足ります。ただし、デメリットとしては紙の定款には印紙税4万円を貼らなければなりません。

これに対して、電子定款の場合は書面として残す必要がないために、印紙税4万円を貼る必要はありません。ただし、電子定款の場合は発起人全員の電子証明書が必要となります。電子証明書の取得にはマイナンバーカードなどを作成する必要があります。また、マイナンバーカードであれば、パソコン上に読み込ませるためのカードリーダーも必要になります。また、定款作成後から設立登記までの間に行う、公証人の定款認証手続についてもオンライン上で行うことから、インターネット環境が必要になります。

以上、二種類の作成方法についてまとめましたが、費用については電子定款の方が圧倒的に安くできるという大きなメリットがあります。カードリーダーの費用こそ必要ではありますが、それでも数万円の節約が可能になります。もし、準備が間に合わないという事情がある場合は、司法書士などの設立を代行してもらえる方に相談しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *