広がりを見せる電子定款の利用

一昔前に比べると、個人が会社を設立する事へのハードルは格段に下がりました。

今まで個人としてビジネスを行っていた人がメリットを感じて法人化するケースも多くあります。とはいえ、会社設立は必要な手順が厳格に定められており、法に定められた手続きを抜けることなく行う必要性があります。会社設立にあたってはまず、定款の作成が求められます。定款とは、会社を経営していくにあたっての基本的な決まりや方向性を記したもので、その会社の基本的な規則となります。

事業目的や商号などは必ず記載しなければなりません。会社を設立しようと思った段階でどのようなビジネスを行うかが具現化しているのが通常なので、基本的にはその内容を記して行く事になります。以前は定款は紙で作成し、会社内で保管しているのが一般的でしたが、最近では電子定款の制度もあります。これは定款をPDFで作成しデータで提出する制度です。文書の内容自体はワードなどのソフトで作成し、その内容をPDF化した後に役所に提出します。

その際、代表者がつくったものであると証明するために、代表者のマイナンバーカードと印鑑が必要になります。文書を電子化したり、マイナンバーカードの読み込みに対応する機器が必要だったりと、ITの知識が乏しい人にはややハードルが高いかもしれませんが、電子定款にすることによって紙の定款だと必要な4万円分の収入印紙が必要ないので、電子定款の利用は今後ますます広がっていくことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *