電子定款を活用するには

会社を新しく設立するにあたって必要になるのが定款です。

定款は会社の運営の目的や組織をはじめとする基礎的な事項を盛り込んだ書類のことで、法律上はこれがなければ手続きを進めることができません。従来は定款といえば紙ベースで作成するものとされていましたが、現在では電子定款とよばれる形式のものも認められています。電子定款であっても普通の定款と同じように、会社の事業目的や商号などの絶対に記載しておかなければならない事項があるなどの各種の決まりごとがありますし、電子化にあたっても間違いがないように作成しなければなりません。

特に会社の設立とはまったく関係のない人がつくった書類とは区別する目的で、筆記用具で紙に書いた署名捺印などの代わりとして、電子署名を付与する手続きもあり、なかなか突き詰めて考えるとやっかいな面もあります。それでも紙ベースの定款作成による会社設立の手続きと比較すると、コストが格段に安くなるところから、電子定款の形式は徐々に普及してきています。

より簡単に電子定款を活用した場合には、たとえば行政書士などの専門資格をもった人が携わっている民間の会社設立の代行サービスを利用するという方法もあります。この場合であれば会社の骨組みがある程度決まっていれば、あとの手続きそのものは代行してもらうことができるため、個人で悩む必要がありません。もちろん電子定款の活用を指定しておけばコスト的にも安上がりとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *