電子定款は本当に節約できるのか

紙媒体ではなく電子媒体の電子定款では、印紙代の4万円が必要ないので節約になると言われていますが、どの程度の節約効果があるか、という点は利用方法や環境によって異なります。

紙媒体の方が安くなるケースもあるので注意しましょう。電子定款で使用できるファイルは形式が指定されているので、単に一般家庭でも使っているパソコンと文書作成ソフトで定款を作成すれば、そのまま認証してもらえるわけではありません。ファイルの形式はPDFですが、これに加えて署名も必要です。

PDFに変換するだけであれば無料のツールが使えますが、署名を入れる機能は35000円程度するソフトを購入することになるので、持っていないと節約できる金額の大半がここで相殺されます。この署名も指定されており、住民基本台帳カードの電子証明書を埋め込むため、カードと証明書の発行に各500円かかります。そのままでは読み取れないため、ICカードリーダライタも購入が必要です。

安いものでは2000円程度ですが、これらを合計すると、ほとんど節約効果はなくなります。電子定款を作成するための機材を揃えるために費用がかかるだけでなく、その後の変換などの方法も自分で調べて行うため、手間もかかります。節約したいのであれば、文書作成ソフトで定款を作成した後は専門家に依頼するのが良いでしょう。4万円以下で対応しているところが多く、費用の節約と手間の削減ができるので便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *