電子定款とは?作る上で必要な予備知識

まず「電子定款」とは、企業の組織や業務等、基本規則が記されたもの。

会社設立する際には必ず作成しなければなりません。かつては書面によるタイプのみでしたが、PDF化された電子定款で手続きする方が増えてきています。電子定款にするメリットというと、紙で作成する際に必要な印紙代をカットする事が出来るのです。書面の定款をお勧めしている書籍やサイトもありますが、印紙税だけで4万円かかってしまいます。

紙の定款にする事が決して無駄ではありませんが、経費節約のために電子定款にし、浮いた分を別の費用に使うのも良いでしょう。また作る前に、予め内容を作っておかなければなりません。作成方法は何でも良いのですが、Wordファイルで作るのが簡単でスムーズでしょう。そして認証申請を一度すると、再申請をしたり訂正作業するのにとても手間がかかってしまいます。

設立を急いでいる方にとっては勿体ない時間ですから、上手く進めていくためにも何度も見直した上で提出しましょう。心配な場合は公証役場や法務局で確認してもらえるので、プロの目で確実性を上げるのも良いですね。とはいっても、自分で一から全てを背負うのは時間がかかってしまいます。

インターネットで申請が完了するというわけでもありませんし、少なからず手間がかかりますよね。会社設立を個人で行う場合はやる事が沢山ありますので、行政書士や作成サービスにお願いする事も出来ます。プロに依頼する事で負担も減るため一つの選択肢でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *