デメリットも教えてくれる会社設立代行もある?

会社設立代行を行う行政書士事務所や税理士事務所が多くあり、これらの事務所のホームページでは会社設立に伴う代行手数料を無料にしているケースも少なくありません。

費用を抑えた形で会社を立ち上げることが出来るメリットがあるので、個人事業から法人事業に切り替えたい人にとって魅力的なものと言えましょう。設立代行に伴う報酬を0円にしていても、経営をスタートした時点から税理士の顧問契約がスタート、毎月一定額のお金を支払う必要があります。税理士には独占業務がある、この業務は会社を維持するうえで役立つものとなるなどからも、企業の多くは顧問税理士を雇っているわけです。

問題が生じた時には専門家に相談するのが最適、顧問税理士がいれば安心ですから、会社設立代行を利用する、報酬を無料にする代わりに顧問契約を結ぶのは決して悪いことではありません。税理士以外にも社会保険労務士や司法書士など士業資格を持つ専門家は会社経営の中で必要になることもあるため、費用が発生したとしてもすぐに相談出来る状態にしておきたいと考える経営者も少なくありませ。

当然専門家に相談を行えば費用が発生することになりますが、体力がある会社であれば支払いに困ることはないのではないでしょうか。会社設立を行うと個人事業時代と比べて何か費用が掛かりますが、思っていた以上にお金が掛かる、支払いが困難になるケースもゼロではありません。会社設立代行を利用する時などは、設立することでのデメリットについても把握しておかなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *