会社設立の代行と準備

これから会社設立をしようと思うときにはその準備と申請時における代行を考慮する必要があります。

特に役所等への関係書類の作成やチェック及び提出では、内容がよく分からないままに言われるがままに提出をするケースが少なくありません。場合によっては後で修正を行わなければならないこともあるだけに、よく理解した上で作成を行う必要があるものです。ここで会社設立に関係する大切な書類を代行で作成依頼するとき、定款などの作成は行政書士に依頼をします。

また法務局での法人登記は司法書士その後の税務関係の届け出は税理士、社会保険及び厚生年金さらに雇用保険等の関係書類作成及び提出は社会保険労務士といったように、専門は普通異なります。こうしたことをよく理解してまたなぜその書類の作成が必要なのかを確認しながら、話を前に進めます。なおこの書類のうち同時に提出をしても問題がないのは会社設立つまり法人登記が完了した後に行うものだけで、代行時にもいつ会社が設立になるのかよく確認をするように求められます。

同時進行で提出が出来ないものは、段取りをよくしておかないと、会社設立の代行を依頼する先の士業に迷惑をかけかねません。依頼先の士業間で連携をとってもらえる場合はよいですが、そうでないときには依頼元で把握しながら前に進めます。その都度依頼先に話をしなければなりませんし、作業の進捗状況をよく把握する必要がある点に注意が必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *