会社設立を代行に依頼する利点と時間節約

会社設立を行う方法には自分達で行うやり方と設立代行業者に依頼するやり方があります。

設立代行に依頼した場合、費用が発生するものの、設立に必要な作業をすべて代行して貰えるため、業務に集中が出来るメリットがあるわけです。その反面、設立代行に依頼をすると費用が発生します。少しでも節約したい人にとってこうしたサービスを利用するのは無駄になると考えるケースも多いのではないでしょうか。定款を作成した後は、法律上違反している部分がないのか、公証役場で定款認証を受けることになります。

最近は電子定款を利用して認証手続きを行うケースも多くなっていますが、電子定款の場合でも認証後の定款を受取に役場に出向く必要があるため、電子定款は必ずしも楽が出来る手法ではありません。さらに、書類の不備があれば何度も役所に出向くなどが必要になることも少なくないのです。書類の不備があればその都度時間が必要になり、業務に集中することが出来ないケースもありますし、その都度書類の作成も行うことになるためより多くの時間を費やすことになりかねません。

会社設立代行は、設立登記の専門家であり、書類の不備についてはまったく問題なく依頼が出来る、自分達で行えば二度手間が掛かることもあり、時間も多く必要になってしまいがちです。会社設立を依頼するメリットは時間の節約が出来る、デメリットはお金が掛かることではありますが、お金は後から回収が出来ますが、時間は回収が出来ません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *