設立代行を利用して会社設立を行う場合のメリットとは

会社設立を行う時の方法には自分ひとりもしくは自分達で役割分担を作りながら設立登記を自力で行うやり方と代行業者と呼ぶ専門家にすべてを委ねる方法があります。

自分達で行う場合には費用が発生しませんが、業者に依頼すれば報酬が発生する、もしくは税理士顧問契約を結ぶと報酬がゼロになるなどもあります。代行業者は行政書士事務所や税理士事務所などのような専門家が在籍している会社、それぞれの分野の中での専門的知識を有するなどの特徴を持ちます。但し、会社設立に伴う書類作成ならびに申請手続きなどは行政書士が担当することになり、税理士は会社設立後の経営に関与する専門家です。

会社設立は手続きそのものを自分達でも行うことが出来ますが、代行業者に依頼をするとすべての手続きを代わりに行って貰うことが出来るわけですから時間の節約が出来ます。また、書類の作成の仕方が分からなくても良いので、調べるなどが不要になる、書類の不備により何度も役所に出掛ける手間も省けるなど、色々なメリットがあります。

中でも、定款を定める中でのアドバイザーになって貰える部分は代行業者を利用する上でのメリットとも言えるのではないでしょうか。登記が完了した後は、所轄への届出が必要になりますが、届出を行うタイミングや書類の種類など、代行業者を利用すれば教えて貰うことも出来ますし、顧問契約を結ぶことで税理士や行政書士が代理人を務めて貰えるなどメリットもあるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *