会社設立代行を利用して電子定款認証手続き

会社設立を行う時、設立する会社の種類に関係なく必ず定款を作成しなければなりません。

事業の目的や組織の基本規則などを記し、株式会社設立の場合は公証役場に提出して認証して貰うことがスタートになります。従来は紙の書類で作成を行い、発起人全員で署名、公証人に認証などの流れが主流でしたが、最近は電子定款を利用する人が多くなっています。電子定款には紙媒体に必要となる印紙代4万円が掛からないメリットがありますが、その代わりに電子署名の付与や証明書の添付を行うソフトやハードなどが必要になるなどから、代行業者を利用する人も多くなっています。

代行業者は電子定款での認証手続きに慣れている点、何を定めておくべきかなどのアドバイスを受けることが出来る強みを持ちます。紙や電子定款に関係なく、定款の内容に誤りがある時などは、再申請を受けることになり、手間や費用がより多く掛かることになります。申請料を2度も3度も支払うとなると無駄な出費にも繋がります。

代行業者の場合も報酬と言う形で費用を支払うことになりますが、1度で定款認証が出来るなどからも時間を短縮出来る代行業者のメリットがあるわけです。尚、会社設立代行を行う業者は多くなっていますが、業者を利用する時には費用面だけでなく、経験などについても比較をしておく必要があります。さらに、電子定款の作成から認証、認証後のデータを会社に届けて貰えるなどのサービスを行っている業者を選ぶと便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *