高額になりがちな会社設立の費用を節約する方法

起業をする際にはオフィスを借りたり必要な設備を用意したりするので、膨大な資金を用意しなければいけません。

そのため少しでも敷金・礼金が安いオフィスを探したり、中古の設備を活用し資金を節約しようとするのが一般的です。会社設立の手続きに必要な費用も、できれば節約したいところでしょう。一般的に自分で手続きをすると30万円近い資金が必要になるので、会社設立の費用が膨らむ一因になっています。

会社設立の費用を少しでも節約したいなら、手続きは司法書士などに代行してもらうのがおすすめです。司法書士は電子定款を作成するので、自分で手続きをするときに必要な印紙代の4万円を節約できます。電子定款は個人でも作成することは可能ですが、専用のソフトを用意する必要があります。

専用のソフトを購入し自分で作成すると、印紙代と変わらない金額を支払わなければいけません。電子定款を作成するために必要な知識も勉強する必要があるので、司法書士に任せるのがベストと言えるでしょう。司法書士に任せるメリットは、会社設立の費用を節約できるだけではありません。

複雑な手続きを全て経験豊富な司法書士に任せることにより、依頼者は起業の準備に集中することができるようになり、費用を節約しながら会社設立をスムーズに進めることができます。気になる司法書士に依頼する料金は、条件次第で無料にすることが可能です。依頼料が無料になれば節約に繋がり、資金に余裕を持って会社を立ち上げられるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *