会社設立とその費用は

会社設立にかかる費用はどれくらいか知っているでしょうか。

株式会社の場合であれば25万円から30万円程度ということになります。もちろんこれは会社設立にあたって法律上必要とされる費用のみです。会社の経営や運営などに必要な費用は一切含まれていません。いわば会社という箱を作るために必要なお金だけで、その箱の中で何をするかは別だということです。

会社設立に必要なお金は、定款の作成や認証と、登記にかかる費用になります。定款とは会社の基本的規則を書いたものですが、これには印紙を貼付することが求められており、4万円分の収入印紙が必要になります。ちなみに紙ではなく電子定款を選択することもでき、この場合には印紙は免除されます。

印紙の他に、作成した定款を公証役場で認証してもらうことも必要で、これに5万円程度かかります。一方で登記とは、法人格を持った会社を登録するという手続きになります。登録には15万円の免許税がかかります。

これらを合計すると24万円程度ということになりますが、この他にも会社の実印を作成したり、印鑑証明の作成、登記謄本の作成などが法律上も必要になり、これらを合計すると結局は最初に書いた25万円から30万円程度のお金がかかるということです。

一方、会社の形態は株式会社が全てではありません。例えば合同会社という形態もあり、この場合だと株式会社よりも15万円程度安い金額で会社を設立することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *