会社設立の費用を調達

会社設立の費用調達方法としては、今はインターネットを活用した方法が大きな広がりを見せています。

クラウドファンディングとも呼ばれる方法ですが、世の中広く一般の人から会社設立に必要な費用を出資してもらおうという方法です。もちろん、見ず知らずの人に大事なお金を渡そうという人は世の中広しといえどもそうそういないでしょう。

何らかの方法で、この人であればお金を渡しても良いと思ってもらえるようにすることが必要です。この方法はいくつか考えられるでしょうが、基本的な方法としては、いまお金を出してくれれば、将来は出してくれたお金よりも多いお金を返すと約束することです。

借りたお金に利息をつけて返すようなものです。ところが、こんな約束をしたところで果たして信用してもらえるのかという問題が残るでしょう。当然です。これまた見ず知らずの人がホラ吹きでないと思ってもらえる保証などどこにもありません。そこで、自分はホラ吹きではないと説明し、納得を得てもらえるかどうかということが会社設立の費用調達においては非常に重要になります。

何を説明するかといえば、自分の真面目さでももちろん構いませんが、それ以上に、設立しようとする会社で何をするのか、それは儲かりそうなものなのかを説明することが重要になるでしょう。この説明に納得すれば、儲けが出たときには確かに多くのお金を返してもらえるに違いないと思って、出資に応じてくれる人も多くなるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *