会社設立まで費用が用意できるか

会社の社長になるにはどのぐらいのお金が必要なのかと途方に暮れるかもしれませんが、実際にはそこまでお金は必要ではないです。

会社設立には様々な手続きが必要で、登録免許税がかかるほか収入印紙や代理人を通じて手数料を支払う位だからです。しかし、登録免許税は資本金の1、000分の7と決められているので、大会社を設立すればするほど初期費用がかかる事になります。

最低どれぐらいあれば設立できるかと言うと、合同会社であれば約60、000円ほどで可能なので、会社の社長片方だけでは少しお小遣いを奮発すれば起業できるのです。会社自体を設立して運営しなくても毎年税金がかかるのでそのままにする人は少ないでしょう。よって、資本金は必ず必要になります。

一昔前までは10、000、000円以上なければ会社を設立することができなかったのですが、昨今ではそのような条件はなく、極端な話1円からでも会社設立できるわけです。故に、社長になる事はたやすいことなのです。それを維持しさらに経営を成り立たせることが難しいわけで、社会人であればほとんどの人が社長になれるのです。

会社設立を行い決算が黒字になれば、銀行等から費用を融資してもらえる可能性があり自分の会社を大きく広げることもできます。信頼される企業になるには、数年間の実績が必要なので、まずは手持ちのお金の範囲でできる仕事から始めてみたらいかがでしょうか。初期費用を回収することができてからが勝負です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *