会社設立に必要な資本金はどれくらい必要?

会社設立には資本金が欠かせませんが、どれくらいの額が必要となるのでしょうか。

適切な額も併せて知っておくと失敗するリスクを軽減することが出来ます。現在の会社法では、資本金1円でも会社設立をすることは可能です。しかし、1円で会社設立をするのは現実的ではありません。なぜかと申しますと、会社を始めるにあたってはパソコンや机などの事務用品やオフィスなどの不動産契約、会社の実印を用意するなど様々な準備が必要となります。

資本金は最低でも、会社経営に必要な人材やものを全てそろえた上で、半年間は運営をする余裕があるくらいの額を集めておくと安心です。そう考えますと、業種にもよりますが、一般的には300万円から1、000万円程度が妥当な額だと言えます。資本金を決める際には気をつけなくてはいけない注意事項があります。まず、資本金が1、000万円を超えますと、初年度から消費税が課税されるということです。

一般的には、設立初年度の会社の消費税は免除されますが、この特例は1、000万円未満だということを知っておきましょう。また、創業融資は自己資本の2倍までしか借りることが出来ないという点です。資金調達の方法として、政府金融機関の創業融資を利用する方法がありますが、この融資は資本金の2倍までしか借りられません。資本金が低いと借入額が狭まるということを知っておきましょう。以上のことをきちんと理解して資本金を決めましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *