会社設立に要する費用

会社設立に要する費用を得る方法としては、月並みではありますが自分で予め蓄えておくということが一番の基本です。

実際、将来的な独立を目指して月々一定の金額を今の収入の中から貯金しているという人もいるでしょう。この方法は会社設立の費用をまかなう方法として基本であると同時に、利点もあります。何といっても自分のお金であるということの利点は計り知れないものがあるからです。

やはり、自分のお金であれば人は当然それを大事にします。1円も無駄にはしたくないと考える気持ちは強くなるでしょう。また、どのような方法であれ、人様から得たお金というのはそれなりの対価が発生します。どんな人であっても、タダでお金を出してくれる人などいるはずがありません。

金融機関からお金を借りたのであれば利息を付けて返済する義務が生じますし、他の人から出資を募ったのであれば配当を払わないといけないとか、あるいは経営に参画させなければならなくなるといった具合にです。

会社設立の費用をこのように他人に頼ることはその後の会社運営にとって少なからぬ足かせとなります。利息を付けて返済することや配当を払うことはそれだけ利益が少なくなることを意味しますし、経営に参画させなければならなくなるというのは自分の自由度が下がることを意味します。もちろん、やむを得ない場合もありますが、そのような場合であっても自己資金をできるだけ多く確保することが大事でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *