会社設立に必要な費用と準備

起業を決意したら、個人経営と会社設立の二種類がありますが、会社にしなければ自動的に個人経営になります。

会社にする場合は、所在地を管轄する法務局に会社設立登記をすることで誕生しますが、登記に必要な準備が定款と代表印です。定款作成は紙で作成する方法とCD-ROMなどの電子媒体で作成する方法があり、それぞれ費用が異なります。

神の場合は4万円の収入印紙を貼る必要があり、電子定款には印紙を貼る必要はありませんが司法書士などの専門家に作成を代行してもらう費用が5千円程度かかります。また、司法書士に定款作成を依頼する場合は同時に登記申請も依頼するので、申請の報酬が3万円から5万円程度かかるため、費用の総額は同程度になります。

定款の準備ができたら公証人の認証を受ける必要があり、公証人に支払う報酬が5万円強必要です。公証人の認証を受けた定款とともに、会社設立登記に必要なものが会社実印です。登記にあたっては、これからか会社の実印として利用する予定の印鑑を法務局に届け出て、以後は印鑑証明を受けることもできます。

会社の印鑑は、法務局に届け出るものが実印となるほか、金融機関などとの取引には銀行届出印を準備します。銀行届出印と実印を同じものにしてもかまいませんが、紛失などのトラブルを考えると同じものにはせず実印は金庫で保管するのが安心です。

設立登記の申請には、資本金の0.7%または15万円のいずれか低いほうの登録免許税が必要なので、最低15万円です。定款作成と認証に9万円程度、登記申請に15万円程度と会社で使う印鑑の準備で、会社設立には必要な費用の総額は30万円程度となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *