自分で手続きする場合の会社設立費用

会社設立は自分ですることも可能です。

自分で手続きをすることのメリットは、設立のための費用を抑えることができる点です。会社設立のためには、まずは定款の作成が必要です。定款とは、簡単に言えば会社の規則のことです。

作成には一定のルールがあり、公証人役場で認証してもらわなければいけません。定款の作成や認証にかかる費用は、株式会社の場合は収入印紙に4万円、定款の認証に5万円、登記手数料に数千円かかります。更に登記時の登録免許税として、15万円以上支払わなければいけません。

自分で手続きをした場合でも、20万円以上の資金が必要になります。会社設立費用を節約する方法としては、定款を電子定款にする方法があります。この場合、収入印紙代がかからないので、4万円の節約になります。

会社設立を専門家に代行依頼した場合は、設立にかかる費用の他に代行依頼料がかかります。ですが、定款の作成や登記などの専門知識がない場合は、専門家に代行依頼することが結果的に節約になることがあります。なぜなら、定款の作成には一定以上の法律の知識が必要になりますし、登記も不慣れな場合は手間取ってしまうからです。会社は設立すれば終わりではありません。

設立後こそ、しなければいけないことが山ほどあるはずです。設立手続きにかかる費用を節約するつもりが、肝心の会社運営に手が回らずに損をしてしまうというようなことになっては、意味がありません。手続きを自分でするか代行依頼するかは、会社設立後のことも考えて検討することが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *