会社設立にかかる費用で最も大きいのは?

会社設立にかかる費用で最も大きいのは、設立にかかる登録免許税です。

これは株式会社の場合15万円となっています。定款の認証手数料の5万円も大きく、株式会社では最低でも合計20万円は必要ということ。定款の謄本手数料2、000円は小さいですが見逃せません。会社の実印作成代なども合わせると22万円くらいは見ておくとよいですよ。

合同会社の場合、設立のための登録免許税として6万円が最低でもかかってきます。合同会社の場合は7万円くらいが目安です。これらの会社設立費用には専門家に依頼するコストが含まれていないことに注意です。司法書士にすべてをまかせたら15万円程度が相場になります。

税理士は登記を代行することができませんが、その分料金は安くなっており10万円程度でしょうか。専門家に依頼することは必須ではなく、自分で全部の手続きをやってしまえばコストはかかりません。しかし、電子定款を作成することのメリットは大きいので、電子定款の作成だけでも専門家に代行してもらうことがおすすめです。紙の定款を作成すると印紙代が4万円必要になります。

電子定款にすることでその税金が節約できるので、1万円程度かけて専門家に代行してもらっても十分におつりがきます。会社設立の費用で最も大きいのはというタイトルの結論ですが、設立にかかる登録免許税となります。しかし、それは節約することができないので、専門家をうまく利用することで節約をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *