会社設立をするときに必要な費用

会社設立をするときにはお金が必要となります。

それらは大きく分けると資本金・法定費用・その他の費用の三種類です。資本金は会社に預けておくお金のことで、使ってしまうわけではありません。昔だと最低でも1000万円以上は必要だと考えられていましたが、現代は1円からでも会社設立をすることが可能です。現物出資を活用すれば現金は0円でもできる場合があります。

資本金の上限は設けられていませんが、1000万円よりも下にすることで消費税を免税することができる業者になるといった利点があります。法定費用は手数料や登録免許税などのことです。電子定款か紙の定款かを選択することで金額に差が生じます。一般的には電子定款のほうが安く済むので、特別な理由がない限りは電子定款にした方がお得です。その他の費用には様々なものが含まれています。

電子定款をつくるためには住民基本台帳ICカードなどの設備をもっていなければいけません。もし自分で作成したいと考えている場合は注意が必要です。案文を作成する前までに申請するための方法や電子署名の方法などをしっかりと調べておくことが大切となってきます。

会社の実印を作るときにも費用が発生します。印鑑は比較的高いものが多いです。安すぎると見栄えが悪くなってしまうこともあるので、ある程度品質が優れているものを選んだ方が良いです。印鑑証明書も会社設立には必要になります。出資をした人や取締役などの印鑑証明書を用意します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *