会社設立には意外と費用がかかります

世の中には、起業してみたいという人は沢山いますが実際に実行できる人はその一部です。

多く人が実行できない理由の一つとして考えられるのが、会社設立にかかる費用の問題です。会社は設立すると宣言して、その場でできるものではありません。会社設立にかかる費用は色々ありますが、まず最初に考えなくてはいけないのが定款に貼る収入印紙代です。

電子定款を利用すれば不要ですが、数万円かかるので注意してください。定款には認証手数料や謄本手数料がそれぞれかかりますし、登記の際には登録免許税も必要です。これらの作業はお金が必要なだけでなく、意外と面倒で慣れていないと大変でしょう。もしもの時は、代行会社に依頼してみる手もあります。

会社設立を代行会社に任せると費用がかかると心配する方もいますが、心配ありません。電子定款を利用したりして、要望を出せばできる限り費用を抑えてくれるからです。1円を資本金として会社設立することも不可能ではないですが、あまりオススメできる方法ではありません。パソコンや文房具など、仕事に使う備品や消耗品を購入するのにもお金が必要です。

最初のうち収入がない場合でも、会社を運営する上での初期費用や運転資金は必要になってきます。取引先が見つかるまでは、事業が安定しない可能性も考慮しなくてはいけません。そうすると、1円だけで会社を設立してしまうと借金をする必要さえ出てきます。必ず設立する際には、十分な資本金を用意しておくことをオススメします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *