株式会社設立にかかる費用について

事業の立ち上げのために会社の設立を考える方も多いのではないでしょうか。

ただ会社といってもいくつかの種類があり、代表的なものに株式会社と合同会社があります。具体的に株式会社の設立に最低限必要なものは登記費用で、個人事業からの法人成りなどで、登記費用以外に必要ない場合は、この額だけで株式会社を設立することができます。

株式会社の設立登記は、設立項目の決定ののち定款の作成と認証、そして登記書類の作成へとすすみ、会社設立登記から開業の届け出という流れで進みます。この中で、必要な費用の内訳は定款に貼る収入印紙代が4万円で定款の認証手数料が5万円、定款の謄本手数料が約2000円で登記の際の登録免許税が15万円になり、自分で会社設立の登記をしようとすると、合計で約25万円ほどが必要となりますが、電子定款を利用した場合は収入印紙代4万円は不要になるので合計は約21万円ほどになります。

この会社設立費用を安くするために代行業者に依頼する方法があります。その内容は、定款に貼る収入印紙代の4万円は、電子定款を作成すれば不要になります。素人が電子定款を作ろうとすると専用の機器の購入のために逆にコストがかさんでしまうのですが、会社設立の代行業者はどこも電子定款を作成するための必要機器を持っていて、設立代行自体を1万円程度の少額で行ってくれるので、会社設立は3万円ほど安くすることができます。全てを自分で行うのに比べて、時間も費用も節約できるので、設立代行業者を利用するのも良い選択です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *